ひとり旅日記 ギリシャ

女ひとり旅日記 メテオラ アギオスステファノス ギリシャ旅102

◆メテオラの地図(日本語は加筆しています)

メテオラ地図

 

移動販売車のお兄さん 2

ドイツ人夫妻との話が一段落した頃…

あっ!

ある気づきが、天から降ってきた。

そうだ! 

トレッキングコースのことを、お兄さんに聞いてみよう!!

わたしは、ちょうど目の前に「わからないことがあったら、何でも聞きな!」と胸を張る、質問をするのにピッタリの人物がいることに気づいた。さっそく移動販売車に赴き、彼に声をかけてみると、反対にこう聞かれた。

トレッキングコースを歩きたいの? それとも、カランバカの町へ行ければいいの?

もっともな質問である。わたしは間髪を入れず…

カランバカの町へ行きたい(帰りたい)!

と言った。

すると、なんと、この広場から17時()にカランバカ行きのバスが出る、という驚きの情報を、彼は教えてくれたのだった!!

えええええぇぇぇーーー!

まったく、思いがけないことで、わたしは驚きと喜びのあまり、思わず小躍りしたくなるぐらいだった!

ラッキーとは、まさに、このことだ。

朝、カランバカの町からメテオラの奇岩群に来たときは、メガロ・メテオロン修道院がバスの終点だったが、なんと、帰りには、このアギオス・ステファノス修道院前のターミナルからバスが出るのだった。こんなこと、いったい誰が思うだろう!(ガイドブックには、何も記載がなかったのである)

そうこうするうちに、修道院のシエスタは終了し、最後の修道院見学の時間となった。

アギオス・ステファノス修道院に感じたこと

感想から先に述べてしまうと、わたしにとって、最後に見学した、このアギオス・ステファノス修道院が一番癒された空間となった。ルサヌ修道院と同様、自分と同じ女性的なものを感じたからかもしれないし、もしかしたら、メテオラの修道院巡りの道を歩き切った後の、ホッとした気持ちと満足感、そして解放感が、わたしにそう感じさせたのかもしれない。

アギオス・ステファノス修道院

 

また、今までの修道院は入口に入る前に、長い長い崖の階段を上らなくてはならなかったが、この修道院にはそういった階段がないため、(人によっては)印象の薄い修道院と思われてしまうようだが、わたしには、長い道のりを経て、最後にたどり着いたこの修道院に崖の階段がなかったことが、神様からの”慈悲”のように思え、それゆえの優しさを感じたのだった。

しかしながら、もちろん、こんな風にわたしが感じたのは、アギア・トリアダ修道院がその日たまたま定休日であったから、アギオス・ステファノス修道院が最後の修道院になった、という偶然のせいであるし、また、例えば、わたしがハイ・シーズンにメテオラを訪れ、混雑を避けるために逆の順番で修道院巡りをしていたら…、もしくは、修道院巡りを2日間に分けてしていたら…、もしくは、現地ツアーに参加し車を利用していたら…と思うと、まったく違う感想を持ったのかもしれない(それは、それで、新たな発見もあっただろうが)。

とにかく、神様からのステキな演出(?)により、本当にすばらしい時を過ごせたのだった。

アギオス・ステファノス修道院の様子

中庭の様子。中央には井戸らしきものが見える。古くは見えないロープにはバケツが結わえられており、今も現役で使われているようだ。植物の水やり用なのかもしれない。

アギオス・ステファノス修道院 中庭

 

いろいろな花が植えられていたが、ここでアジサイを見かけるとは思わなかった。

アギオス・ステファノス修道院 花々の様子

 

アギオス・ステファノス修道院 花々の様子

 

アギオス・ステファノス修道院からの絶景。カランバカの町。

アギオス・ステファノス修道院からの眺め

 

雲の影が大地に映っている。

アギオス・ステファノス修道院からの絶景

 

絶景に見入る見学者たち。

アギオス・ステファノス修道院

 

つづく

冒頭写真:アギオス・ステファノス修道院の中庭

「アギオス・ステファノス修道院前ターミナル発、カランバカ行き」バスの発車時刻は、現地などで最新情報を確認してください。(ブログ記事内で述べたバスの時間は、旅行当時の古い情報です。ご注意ください)

おすすめ記事