ひとり旅日記 ギリシャ

女ひとり旅日記 サントリーニ ヤニスとコンボロイ ギリシャ旅12

再びアクロティリ遺跡

さて、次の目的地はサントワイン!!

レッドビーチからアクロティリ遺跡まで戻り、そこからフィラ行のバスに乗って途中下車をすればいい。が、しかし・・・

バス停がない!

再び、遺跡窓口の女性に助けを請う。すると、「ここに来た時に、降りた場所と同じよ」と言う。「いえいえ、フィラに行きたいんです」と言うと、「バスはUターンして、またここに戻ってくるから同じ場所で大丈夫よ。あ、バスチケットはバスの中で買えるから、心配ご無用~!!」と教えてくれた。親切な人で良かったー、感謝!!

とにかく、いちいち確認することは大事だ。へたすれば、この容赦ない太陽の熱で体がもたないだろう。太陽から身を隠し、冷房の効いたバスの中へ早く避難したい。幸いバスの乗り場付近には、木陰があった。

おしゃべり男

携帯を所持していないため、バスの時刻はわからなかったが、一定の間隔で便はあるはずだった。木陰で涼みながら、ひとり気長に待とうと思った。

静かだな・・・

暑いけれど、平和でのんびりしている。・・・と、どこからともなく一人の男が現れ、携帯を取り出したかと思うと、この平和な静けさを、派手に引き裂いた。

げっ・・・

せき止められて、行き場を失ったおしゃべりの虫が、一気に彼の口から放出された。人間、空気がなければ、窒息して死んでしまうが、彼の場合、おしゃべりをしなければ、窒息して死んでしまうような、そんな感じだった。おしゃべりで生命力を取り戻しているようである。しかし・・・しかしながら・・・

なんなんだ?! このマシンガン・トークは・・・!

せっかく、のんびりしようと思っていたのにー!

そう思わずにはいられない。マシンガン・トークだけでもウンザリしていたが、彼の声は大きくて耳障りだった。聞きたくなくても耳に入ってくる。時おり聞こえる大きな笑い声がさらに癪に障った。

もうー、この人、なんなのー? 

バスを待っている間中、聞く羽目になるのか・・・とあきらめかけた頃、電話は終わり、静けさが戻っきた。

ふぅ、やれやれ(だぜ!)

だが、ホッとするのは早かった。彼は遺跡の真向かいにある駐車場に目を向け、目ざとくも、タクシーの中に運転手を見つけると、嬉々として声をかけ、絶好のチャンスとばかり、嬉しそうに話を始めた。

うわっ、は、始まったー、マシンガン・トーク、第二弾!!

そう、彼はひと時も黙っていたくない男だったのだ!!

何をしゃべっているのか、さっぱりわからないが、多分、こんな事をしゃべっていたに違いない。

「遺跡のお客さん待ってるの?」「で、この後どこ走るの?えっ、どこ行くって?」「へぇ、あそこってさぁ・・・」とかなんとか・・・

彼は水を得た魚のように、生き生きと運転手さんと話を続けていたが、しばらくすると急に調子が変わった。

ん?

すると、運転手さんは「それじゃあ、また」と彼をポツンとあとに残し、フィラ方面へ走り去ってしまった。

シーーーーーーン

再び静寂が戻る・・・が、このままで終わるはずがない。終わるわけがない!

しゃべることは、彼の「命」なのだ!!

そして思った。で、次なるマシンガン・トーク男のターゲットは・・・

・・・!?

そう、どう考えても、わたししかいなかった。他に人影はない。

こみ上げる笑いを我慢できず、下を向いて笑っていたわたしは、(このまま)話しかけられるか!と覚悟を決めた。

ヤニス

「ねえ、キミ!どっから来たの?!」

キターーーーーーッ!

おかしくてこらえ切れず、わたしは吹き出しそうな変顔で「日本から」と答えた。彼はヤニスと名乗った。ヤニスはわたしが「日本から来た」ことがわかると、「日本人はいつも”忙しい”と言うんだ」と言ってきた。

「ギリシャはいいでしょう?」と笑った。そして「知り合いに日本人女性がいてね、彼女もさぁ・・・」と話し始めた。彼はひと通りしゃべり終わると・・・

ほら!!

と、コンボロイ(Komboloi)をわたしに差し出し、「これをさわっていると気持ちが落ち着くから、やってごらんよ!」と笑った。

えっ? 

彼のフレンドリーさにも感動したが、思いもよらぬタイミングでコンボロイを目にし、2重の意味でわたしは感動した。

TVでやってたやつだー!!

コンボロイ

旅行前、日本でギリシャ情報を集めていたころ、「世界ふれあい街歩き」という番組でミコノス島をやっていた。白い小道に面したカフェに集まるオジサンたちが、数珠(じゅず)のようなものを指ではじいていて、番組の旅人が「それ、なんですか?」と尋ねる場面があった。

その数珠のようなものが、「コンボロイ」なのだ。(冒頭の写真をご覧ください。ナフプリオンの街角で撮ったものです)オジサンたちいわく、ヒマな時、手持ちぶさたな時、気持ちを落ち着けたい時などに、そのコンボロイをいじり、ストレスを解消するそうなのだ。コンボロイは男性の持ち物で、女性はやらないとのことだった。

わたしは、ヤニスのコンボロイを手に取らせてもらった。深緑の模様が美しい、ちょっと渋めの石でできており、使い込んでいる様子が見てとれた。

思ったより一つ一つの石が大きく、存在感がある。男性が使うものだからだろうか? もしくは、はじいた時に「パチン」といい音がするようにだろうか? あっ、両方かな!(笑)

とにかくわたしは貴重な体験をさせてもらった。彼にお礼を言う。

「これ、買って帰るといいよ」とヤニスは言う。確かに、きれいなのでアクセサリーとしても使えるだろう。しかし、わたしは意地悪く「これって女性も使うものなの?」ときいてみた。すると、あいまいな返事が返ってきた。やはり、男性が使うものなのだ。

ヤニス走り去る

そうこうするうちに、遺跡から人が2人出てきた。ヤニスはさっと身を起こし、足早に歩きながら彼らに声をかけた。

どうしたのだろう?

なんと彼らはヤニスのお客様だった。ヤニスは彼らを車に乗せて走り去っていった。わたしは、てっきり彼もバス待ちをしていると思っていたので、突然のなりゆきにポカンとしていた。

ヤニスは走り去る前に、運転席から小さく手を振ってきた。わたしも小さく手を振り返す。

ありがとう! 良い一日を!

いざ、サントワインへ

不思議なもので、ヤニスがいなくなった後は、ぽっかり何かが抜け落ちてしまったような静けさになった。まるで、時間が止まってしまったかのようだ。

しかし、しばらくすると一人、二人と人が集まってきて、わたしの横に並び始めた。

ふー、もうすぐバスが来る

ギロピタを食べた店で見かけた東洋人の若者も来た。彼は携帯を操っており、正確にバスの時刻を見計らって来たようだった。

バスが来て、乗る時に念のため、目的地を確認。大丈夫!!サントワインに行くと言う。

よっし!!

さあ、絶景のサントワインで、ヴィンサントを片手に優雅に過ごすぞー!!

バスに揺られながら、わたしは楽しみでホクホクした。

つづく

 

おすすめ記事